旅 会津高原駅

日光 野岩鉄道 

日光の旅 野岩鉄道 ◇

   各駅停車の小さな旅

3年前のある日・・・ 新緑の頃だったと思う。ふらっと乗った東武鬼怒川線鬼怒川までのはずが乗り越しでわが故郷福島・・・ 会津高原駅は爽やかだった。魅せられて四季折々に衝動的に野岩鉄道の日帰りの小さな旅を・・・何回行った事か・・ 2006年は1月4日会津田島からの会津線は大雪で不通でした・・・・
東武鬼怒川線 「野岩鉄道会津鬼怒川線」  
スポンサードリンク】
下今市駅→下今市駅 新高徳駅→大桑駅 鬼怒川温泉駅 / 「鬼怒川公園駅」
新藤原駅」→「湯西川温泉駅」 「中三依駅」会津高原駅

中三依駅


上三依
塩原駅

男鹿
高原駅

会津
高原駅

トンネルを出たり入ったりを繰り返しながら、藤原町三依地区に入る。山間に三角錐の「芝草山」が現れる
「中三依駅」
に到着
鬼怒川・川治温泉を持ち、関東一の温泉郷として知られる藤原町。
奈良時代のはじめ頃、藤原仲麻呂の子、朝狩(アサカリ)を大将軍蝦夷征伐軍がこの町に立寄り、 一部の兵士たちがそのまま釈迦ケ岳のふもとに住みついて現在の藤原の祖先となったと言われています。
明治22年(1889年)の村制施行により「藤原村」が誕生し、 昭和10年(1935年)の町制施行により「藤原町」となりました。昭和30年(1955年)に三依村と合併し、現在に至っています。(藤原町HPより)
駅正面のふるさと体験村の中に、男鹿の湯がある。 ほんのチョッと途中下車で寄ってみたらいかがですか?
心まで温まるかもしれません?。
三依には2つの名山がある。「芝草山」と「荒海山」・・・
「荒海山」は福島側からの登山道は確立しているが、残念ながら三依からの登山道は未だないのだったがが、 平成18年に「山宿 観峰」の村上氏がなんと「太郎岳=栃木側の荒海山の呼び名」の栃木ルートを開いたのです。芝草山からの縦走も出来るとのことです。
さて、中三依駅を西に向かって西会津街道を少し会津田島方面に行くと、 三依中学校方面に左折する。間もなく古代住居跡を模した「古代村ーそば」がある。この蕎麦もすばらしい、100%地粉のつなぎなしの10割蕎麦なのだから実に 美味しい。ルートにもどって10分もすると、左側に流れる男鹿川に「どんどん滝」がある。ここ辺は渓流釣りの漁場でもある。更に進むと 「三依渓流釣り場」がある。定時間にマスや岩魚などを放流する、夏は家族ずれで賑う。「芝草山」の道標に沿って進むと「太郎温泉・山宿観峰」 がある。帰りに一風呂もいい。「芝草山」は標高1342mの独立峰、往復約4時間半の健脚むきのやまである。
「中三依駅」を出た列車は山間を進む。



「上三依塩原駅」
到着

塩原温泉はここからのバス乗換えとなる。
 今市方面に国道121号線を10分程歩くと「 上三依水生植物園」がある。男鹿川に沿って広がる22,000uの敷地に約300種の草花を栽培している、春から秋にかけての草花探訪もたのしめそうナ植物園です。色とりどりの高原の花 水辺の花が美しく回遊式の水生庭園になっています。幅広い植物が自然に咲き競うバリエーションの宝庫。

三依はやっぱり蕎麦・そば・soba・・・100%ではないかもしれないがほとんどが地粉だと言う。十割そばも食べれるお店もあります。美味しい「みよりそば街道」山間の小さな集落的三依は結構と魅力があるんだな。 雪が解けたら(雪もいいんだけれど・・)花が一斉に咲く、
ゆっくりのんびり山村をあるきましょう。素敵な発見があるかも・・・


上三依塩原駅からはわずか4分で
・・・・・

「男鹿高原駅」

男鹿高原駅
周辺にはその昔は鉱山があったらしくそれなりにその当時は賑っていたと言うことです。
男鹿高原駅の周辺には観光スポットなどはありませんが、駅を出て右方向へ歩くと、広場となっている場所があり、この時季の晴れた日には、 山々の紅葉を眺めることができます。またこの広場では藤原町のイベント「ビーフピアふじはら」も開催されます。
「男鹿高原駅」を出ると、直後に 「山王トンネル」にはいる。約6分なのだが長い?栃木県から福島・会津に入る。

「会津高原駅」に到着
 
国道352号線は「尾瀬」へのバスがでる。 桧枝岐村経由で会津御池駐車場までは約1時間半。シャトルバスで沼山峠から尾瀬沼・燧ヶ岳である。
「会津荒海山」の登山口までは、徒歩では大変です。 タクシーで登山口の鉱山跡に向かうのが無難。
 荒海川の谷に沿ってタクシーは走り、鉱山跡の鉱滓のボタ山の横で止まった。下車して、さっそく林道の続きを歩き始める。
しばらくは車でも進むことができ、登山届の箱のあるあたりまでは入れそうだ。それより先は荒れた道となり、真ん中に鉄骨の桟がある堰堤のあたりになると、 人の歩く幅以外は草に覆われる様になって、その幅のまま道は林道から別れて登山道となる。往復5時間以上の稜線に、登山道は整備されているとはいえないが、 迷うことはないがかなりきつい山である。おすすめは6月の石楠花の頃と10月の紅葉の頃・・・

●会津高原下車で 
たかつえまで会津バスで30分 湯ノ花温泉まで会津バスで40分 木賊温泉まで会津バスで70分
高畑スキー場、大桃の舞台、小豆温泉へは会津高原駅から
会津バス檜枝岐・沼山峠行で60〜70分。

最後まで読んでいただきありがとうございました。今回は「会津高原駅」で終わりですが、続編も近日公開します。
ふるさと体験村


男鹿の湯
入湯料500円(小学生以上)
開湯時間 午前10:00〜午後9:00
温泉効能 アルカリ性単純温泉
休業日 毎月第三金曜日



「古代村ーそば」


「三依渓流釣り場
塩谷郡藤原町
大字中三依1294

0288-79-0110
3月21日〜11月末日
無休

太郎温泉【山宿 観峰】
藤原町中三依1106
TEL(0288)79-0381
立寄り時間
10時〜20時/500円


上三依水生植物園
0288-79-0377
4月15日〜11月30日(無休)
9:00〜16:30
大人 300円 小学生・中学生 150円
無料駐車場有り

みよりそば街道

JoBSおじか
シーズン中は、ご利用ありがとうございました。 11月28日〜4月下旬までの冬期間は、閉鎖となります。
 2006シーズンの予約受付は、4月4日より開始いたします


奥会津の秘境駅
ここで紹介して行くのは、「会津鉄道」と「野岩鉄道・・・・・・・










荒海山1
荒海山のホームページは沢山あるのですが、一番分かり安いと思われるので紹介します

会津高原駅 憩の家
会津高原駅に隣接している「憩の家」でいっぷく。ここでは会津高原の郷土料理を味わえるほか、地元の特産品やおみやげも販売してます。
●会津高原たかつえスキー
 標高1,654mの高倉山に標高差707mを生かしたコースレイアウトは、緩斜面から最大37度までバラエティに富み、雄大なパノラマが楽しめる大型スキー場。シーズンには会津高原駅からのバスも増え、週末には夜行列車が運転されます。ホテルやペンション村がすぐそばにあり、スキーやボードを思う存分楽しめるスキー場です。泊まりがけで高原の休日を満喫するのに最適なエリアです。
(高杖スキー場バス停下車)

 
下今市駅→下今市駅 新高徳駅→大桑駅 鬼怒川温泉駅 / 「鬼怒川公園駅」
「新藤原駅」→「湯西川温泉駅」 「中三依駅」会津高原駅
スポンサードリンク】
歩きませんか日光〜TOP |杉並木公園周辺 |大谷川遊歩道周辺 |霧降高原と隠れ滝東照宮周辺 |戦場ヶ原(奥日光)周辺今市植物誌ウォーキングはなぜいいの
 野岩鉄道の旅  
甚平さんの山菜料理 | 栃木の百名山に挑戦  Link   Linkについて