栃木の百名山に挑戦中 三本槍岳

ウォーキング・登山

2008・9・27      三本槍岳   標高1,917m・6時間30分

岩城・岩代.下野の国の国境であった。
縦走路からの眺めもよく、変化に富んだ那須連峰の中でも人気のある山
スポンサードリンク】
ウx-キングin日光トップ>栃木の百名山>>皇海山
 東北自動車道ー那須インターを降りると、間もなく右折して那須岳が正面に見える。湯本温泉・九尾のきつねの伝説や賓の河原で有名な殺生石などを車窓から眺めつつ、進むとボルケーノ八イウェイ有料道路に入る。
 前を見ると茶臼岳(1915m)が噴煙を上げて登山者を迎えてくれる。まもなく大丸温泉を通り□-プウエイ山麓駅に着く。峠の茶屋県営駐車場からスタート。っ駐車場北側に「登山口」の案内板がある。峠の茶屋県営駐車場の脇を登り登山指導所で登山力-ドを記入し、那須岳登山口の烏居をくぐり整備された道を進む。樹林帯を抜け峰の茶屋跡避難小屋へ着く。
 ここから右へ行くのだが、左へ進むと那須連峰の主峰茶臼岳へ登る。岳山容花や紅葉で四季を通じて人気のある山,峠の茶跡からは、ガレ場の道を進む。風の強い日は飛ばされないように注意し、約50分で峰の茶屋跡に到着。 朝日岳の南斜面が荒々しい、勇壮な姿を見せる。右へ進み剣が峰を回りこむ。途中クサリ場があり足元に注意しながら登り、朝日岳の肩を目指す。いくつか小さなピークを越え、熊見曽根分岐を経てシャクナゲの多い清水平へ下り、木道が整備されている。間もなく北温泉分岐点を直進し、ここからはやく40分、三本槍岳山頂。
 頂上は那須連山から、磐梯山や猪苗代湖が見え、少し右を見ると甲子旭岳や赤面山が眺められる。南に目を向けると噴煙を上げる茶臼岳や朝日岳が見え、360度の展望が広がる。頂上から、北へ進むと、甲子温泉への縦走と大峠を経由して三斗小屋温泉や会津へ下る登山道となっている。
 下山は、清水平方面へ戻り、ピストンで戻る。風が強い日は大変な山行となる。紅葉が始まっていました。

スポンサードリンク】
歩きませんか日光〜TOP 
杉並木公園周辺 |大谷川遊歩道周辺 |霧降高原と隠れ滝東照宮周辺 |戦場ヶ原(奥日光)周辺今市植物誌ウォーキングはなぜいいの
 野岩鉄道の旅  
甚平さんの山菜料理 | 栃木の百名山に挑戦  Link   Linkについて