ウォーキング 日光社参

旅 日光杉並木物語

もう一つの日光の旅◇ウォーキングin日光★歩きませんか日光路◇

杉並木物語  今市市教育委員会発行「杉並木物語」より

世界遺産の町・日光の旅は旧今市市にある杉並木街道 杉並木は300年に
わたって守られてきたその杉並木にまつわる「杉並木物語」の紹介。
日光杉並木公園とその周辺の
日帰りの
ウォーキング
ポイントのご案内
「ウォーキングin日光★歩きませんか日光路★」杉並木公園とその周辺杉並木物語日光社参
スポンサードリンク】
【これからの杉並木街道】

杉並木の危機は、人や「かご」の江戸時代の街道を、主役が変わっても幹線道路として使わざるを得なかったことにある。歴史的文化遺産としての「街道」を保存するためには、車の発達に応じた機能的な道路が、別に整備されなければならない。その曙光がようやく見えて来た。
 しかし、一方で車は一人一台時代を目指し、新しい機能的な観光地へのアクセスは新しい観光客の入り込みを容易にする。代替性のない貴重な自然環境を護るために、国立公園のマイカー規制が日光国立公園の尾瀬地区を始め全国的に拡がる傾向にある。
日光杉並木地区を抱える今市市は、今後いかに対処すべきか、その基本的姿勢がいま問われている。今市市は昭和六十二年度から五ヶ年間、「誇れるまちづくり委員会」を設けて「世界に誇る杉並木のまちづくり」をテーマに討議を重ねた一杉並木公園の計画化など。
平成元年四月の委員会で、それまで十八年間「市史編纂」の指導の任に当たった故河内八郎教授一茨城大学一が特別講義をされた。...・・いろいろ細かいアドバイスのあった中で、次の言葉が今でも脳裏に残っている。
●外部の人を引き付けようとするよりも、まず地域の住民のために。
●単なるお祭りに流されないで、十年二十年先を考えて、地道な正しい「学習」を・
この本も、この委員会から生まれたものである一、地道な一学習一の為にという気持ちは根底にあったものの、生まれた結果は、「杉並木」と住民とのかかわりのごく荒っぽいスケッチに終わった。なにせ大半の人々は専門家とはいえない市民たちの手作りである、、無駄な重複や意に添わない点も多いことはご勘弁をと一言うほかはない。それでも、最初の第一章「杉並木そぞろ歩き」で直接・杉並木に触って戴いて、それサら後は興味のむくままに、「テーマ」によって第二章をという体裁だけは整えたつもりである。
ともかくも、この本が、「杉並木」をシンボルとする「まちづくり」に、少しでも多くの皆さんに
参加していただくための出発点ともなればと念願するのみである。

杉並木物語
杉並木枝おろし事件
日光社参
街道に変貌
これからの杉並木
杉並木の見どころ
今市宿
報徳二宮神社
如来寺
唐人小屋
浄泉寺
6今市市報徳役所
高尾神社
8水車群
砲弾打込杉
十文字幕府軍 陣地跡
瀬川大日堂七本杉伐痕
12野口薬師堂
13追分地蔵尊

スポンサードリンク】
歩きませんか日光〜TOP 
杉並木公園周辺 |大谷川遊歩道周辺 |霧降高原と隠れ滝東照宮周辺 |戦場ヶ原(奥日光)周辺今市植物誌
ウォーキングはなぜいいの
 野岩鉄道の旅  
甚平さんの山菜料理 | 栃木の百名山に挑戦   Linkについて