ウォーキング 唐人小屋

旅 日光杉並木物語

もう一つの日光の旅◇ウォーキングin日光★歩きませんか日光路◇

杉並木物語  今市市教育委員会発行「杉並木物語」より

世界遺産の町・日光の旅は旧今市市にある杉並木街道 杉並木は300年に
わたって守られてきたその杉並木にまつわる「杉並木物語」の紹介。
日光杉並木公園とその周辺の
日帰りの
ウォーキング
ポイントのご案内
「ウォーキングin日光★歩きませんか日光路★」杉並木公園とその周辺杉並木物語唐人小屋
スポンサードリンク】
唐人小屋
上今市駅前一帯の小字名を唐人小屋という。むかし、日光参詣の朝鮮通信使一中国や朝鮮の人々を唐人とよんだ)一行の宿泊所があったのでこの地名が起きた。小屋というと大変粗末な建物にきこえるが、将軍の宿休泊所である如来寺御殿に対してへり下って云ったもので、寛永十三年二六三九)・同二十年両度と明暦元年(ニハ五五)に朝鮮通信使が来朝、日光山参詣の際の旅舎に充てるため、麦畑数百間を潰して、一万余両をかけ、わざわざ江戸より木材を運び、秋元泰朝が幕府の命によって新造したものである。
寛永十三年(ニハ三六一の通信使一行は二百十七名で、宗対馬守が先導、今市小屋饗応は水谷伊勢守、日光では松平信綱を総督として、阿部重次・松平正綱・秋元泰朝らが礼をつくし、寛永二十年の登山にあたっては、今市小屋饗応は浅野内匠頭長直が任についている。また、明暦元年二六五五)登山の三百二十二名の饗応には内藤豊前守らが任につき幕府の威信を海外にひろく示したが、今日旅舎の跡方もない。

東武上今市駅前一帯   徒歩三分

杉並木物語
杉並木枝おろし事件
日光社参
街道に変貌
これからの杉並木
杉並木名所旧跡
今市宿
報徳二宮神社
如来寺
唐人小屋
浄泉寺
今市市報徳役所
高尾神社
水車群
砲弾打込杉
十文字幕府軍陣地跡
瀬川大日堂七本杉伐痕
野口薬師堂
追分地蔵尊
スポンサードリンク】
歩きませんか日光〜TOP 
杉並木公園周辺 |大谷川遊歩道周辺 |霧降高原と隠れ滝東照宮周辺 |戦場ヶ原(奥日光)周辺今市植物誌ウォーキングはなぜいいの
 野岩鉄道の旅  
甚平さんの山菜料理 | 栃木の百名山に挑戦  Link   Linkについて