ウォーキング 瀬川大日堂七本杉伐痕

旅 日光杉並木物語

もう一つの日光の旅◇ウォーキングin日光★歩きませんか日光路◇

杉並木物語  今市市教育委員会発行「杉並木物語」より

世界遺産の町・日光の旅は旧今市市にある杉並木街道 杉並木は300年に
わたって守られてきたその杉並木にまつわる「杉並木物語」の紹介。
日光杉並木公園とその周辺の
日帰りの
ウォーキング
ポイントのご案内
「ウォーキングin日光★歩きませんか日光路★」杉並木公園とその周辺杉並木物語瀬川大日堂七本杉伐痕
スポンサードリンク】
【11瀬川大日堂七本杉伐痕
瀬川の七本杉伐痕
上瀬川の宿はずれ、大日堂の向かい、街道北側に伐採根だけがのこる。七本の杉の根幹が密着し一株となったもので昔はすばらしい樹相をしていたと伝えられる。
明治35年(1902)の大暴風雨と大正3年(1914)頃に風損し、さらに残る5本も老朽化して、昭和43年(1968)ついに危険木として伐り倒され、瀬川の七本杉
の名をとどめるに過ぎない。

瀬川大日堂
延宝.元禄(1673−1704))のころには既に存在したが、その創建年代は明らかでない。いまは廃寺となっているが、享保年間(1716-1736)須海大僧都の中興した天台宗江戸浅草の正徳院末の行寺宝正山長禅寺が上瀬川にあった。
その跡地に大日堂がある。文化2年(1805)の日光道中分聞延絵図や日光道中略記にも載る古い大日堂で、村人たちの篤い大日信仰をはじめ、念仏供養.庚申信仰が盛んにおこなわれていたことを境内の金石文がしのばせてくれる。

東武上今市駅より1、200メートル 徒歩20分
杉並木物語
杉並木枝おろし事件
日光社参
街道に変貌
これからの杉並木
杉並木名所旧跡
今市宿
報徳二宮神社
如来寺
唐人小屋
浄泉寺
今市市報徳役所
高尾神社
水車群
砲弾打込杉
十文字幕府軍陣地跡
瀬川大日堂七本杉伐痕
野口薬師堂
追分地蔵尊

スポンサードリンク】
歩きませんか日光〜TOP 
杉並木公園周辺 |大谷川遊歩道周辺 |霧降高原と隠れ滝東照宮周辺 |戦場ヶ原(奥日光)周辺今市植物誌ウォーキングはなぜいいの
 野岩鉄道の旅  
甚平さんの山菜料理 | 栃木の百名山に挑戦  Link   Linkについて