栃木の百名山に挑戦中 那須岳 ウォーキング・登山
那須岳   2005 11・8

茶臼岳朝日岳三本槍岳は那須連峰を代表する三山。
いまも活火山の生々しさを見せる茶臼岳、突起状に山頂をもたげアルペン的な雰囲
気を漂わせる朝日岳、那須連峰の最高峰でボリュームあふれる山容の三本槍岳と、どれも個性を際立たせている。
スポンサードリンク】
ウx-キングin日光トップ>栃木の百名山>>那須岳

昨夜風速40mの強風があったらしくて、那須□一プウェイは点検の為に始発が30分遅れる。
標高差294mを5分で上り山頂駅へ。

山頂駅を出て砂礫の遊歩道を進み、すぐに左に牛ヶ首への道を分け右の茶臼岳への登山道に入る。

ものすごい砂礫の斜面である。登るにつれて、かすかに硫黄臭の漂う岩場が現われる。
岩石に記されたペンキの指示マークに従いながら登り、やがて傾斜がゆるんで火□縁の東端部に出る。

火□縁は一周できるようになっており、西へ進めば那須岳神社の祠が置かれた茶臼岳の山頂に着く。

那須連峰をはじめ、日光や南会津の山々などが見渡せる、火□縁を北から東へたどり、北斜面に延ぴる峰ノ茶屋跡への道へ進む。

岩礫のなかを足元に注意しながら下り、窪地状の平坦地を通ったあと、再び急斜面を下る。やがて左に牛ヶ首への道を分け、峰ノ茶眉跡に出る。

広い鞍部の一角、かつて茶屋のあったところに峰ノ茶屋跡避難小屋がある。ここは西から猛烈な強風が吹きつけることがあるので、突風に気をつけたい。

峰ノ茶屋跡避難小屋は、強風や雷雨など緊急避難用の施設で、基本的に宿泊はできない。

鞍部の北側にそびえる剣ヶ峰の東山腹に進んで朝日岳に向かう。

右手に荒々しし、朝日岳を眺めながら剣ヶ峰を巻き、鞍部から岩場の連続する道を行く。

途中にクサリ場があり、やせた尾根を通過するので、足元には注意したい。

砂礫の斜面を登りつめると、テープルとベンチの置かれた朝日岳の肩に出る。

ここから朝日岳を往復しよう。

岩石の多い急斜面を登って朝日岳の山頂に着く。

南面が切り立っており、茶臼岳が眼前に迫る。朝日岳の肩まで戻る。

▲峰ノ茶屋跡で主稜線を離れ、茶臼岳の北山腹に続く道へ入る。岩に記されたペンキマークを目印にしながら、岩礫の道を下っていく。

平坦地の広がる中ノ茶屋跡まで下ると、明警沢を隔てて迫力あふれる山容でそびえる朝日岳が眺められる。

中ノ茶屋跡は、峰ノ茶屋跡と那須岳山麓バス停とのほぽ中問点。時間に余裕があるようなら、朝日岳の威容を心ゆくまで堪能したい。

なおも岩礫の道を下り、樹林の中を行くようになって烏居をくぐれば、那須岳登山指導所に着く。

左に那須岳睡車場への道を分け、遊歩遭を進む。

軽食などのとれる峠ノ茶屋の前を過ぎ、那須岳駐車場に通じる車遭を横断して再び遊歩道をたどる。

次に車道に出ると、那須□一プウェイの山麓駅が目の前だ。山麓駅の前に那須岳山麓バス
停がある。
スポンサードリンク】
歩きませんか日光〜TOP 
杉並木公園周辺 |大谷川遊歩道周辺 |霧降高原と隠れ滝東照宮周辺 |戦場ヶ原(奥日光)周辺今市植物誌ウォーキングはなぜいいの
 野岩鉄道の旅  
甚平さんの山菜料理 | 栃木の百名山に挑戦  Link   Linkについて