山野草 帰化植物

日光 山野草

        帰化植物植物とは●     今市市歴史民俗資料館発行「今市植物誌」から
ウォーキングの道すがらいっぱい咲く山野草の花、そのほとんどが外国から密かに持ち込まれ爆発的に成長した外国生まれの花ー帰化植物だという。在来種の野の花は少しになってしまっているという。
スポンサードリンク】
帰化植物について
はじめに

 大規模開発や森林伐採による環境破壊、二酸化炭素の増加による地球温暖化など、今ほど環境に対する関心が


ブタクサ(キク科・北アメリカ)
高まっている時代はないだろう。環境を保全するために取組くむべき問題は山ほ

どあるが、まずは「知る」こと、現況を把握することが大切である。本館では歴史や

民俗、白然などの分野にとらわれず、地域の様々な現況を確認する活動を進めて

いる。

その結果得られた情報は、可能な限り速やかに公表し、「知識の共有化一をはか

る事が運営の方針である。本冊高まっている時代はないだろう。


環境を保全するために取組くむべき問題は山ほどあるが、まずは「知る」こと、現

況を把握することが大切である。

本館では歴史や民俗、白然などの分野にとらわれず、地域の様々な現況を確認する活動を進めている。

 その結果得られた情報は、可能な限り速やかに公表し、「知識の共有化一をはかる事が運営の方針である。本冊

は、今市の白然を知る会のご協力により進めている市内全域の植物分布調査によって蓄積した情報のうち帰化植

物についてまとめたものである二帰化植物に関心が向けられるようになったのは、ブタクサが花粉症を引き起すと話

題になった頃からだろう。


オオハンゴンソウ(キク科北アメリカ)
今市周辺では、日光の戦場ヶ原で北米原産のオオハンゴンソウが大繁殖した結果

、在来の植物を駆逐してしまい大きな問題となった。その他、畑や土手;およびこる差

草の中にも帰化植物は多い。

 一方、帰化植物でも害になるものばかりではなく、観賞用や食用、薬弔なるものも

少なくない。

帰化植物はその定義からして、人問の営みに深く関係しており、人間の生活圏でし

'見られない植物である。したがって、人間が立入らない原生林には帰化植物は見ら

れない。

 しかし、ひとたび林道が作られ人や車が往来するようになると、たちまち帰化植物はその分布を広げるのである開

発が進んだ地域ほど帰化植物の種類は多くなるといえる。

 市内で確認された植物の割合は、1996年末の時点で10.3%であったが、1999年末時点では11.6%と増加傾向にあ

る よい環境を得るために開発は必要だが、無用の開発は避けたいものである。

歩きませんか日光〜TOP

今市植物誌
★帰化植物とは
  帰化植物について

  1帰化植物とは

  2渡来した年代

  3侵入・拡散経路

  
4生育環境
山野草・花粉症
【スポンサードリンク】

スポンサードリンク】
歩きませんか日光〜TOP |杉並木公園周辺  |大谷川遊歩道周辺  |霧降高原と隠れ滝 |東照宮周辺  |戦場ヶ原(奥日光)周辺 
 今市植物誌  |ウォーキングはなぜいいの | 野岩鉄道の旅  甚平さんの山菜料理  |