ウォーキング 日光並び地蔵

日光を歩く(憾満みち) 

ウォーキングin日光◇歩きませんか日光路

「随想社発行・日光ボランティア編」の”もうひとつの日光を歩く”
にて紹介されている「・・みち」を歩いたレポートです。

歴史と世界遺産の街・日光の隠れた史跡を訪た。ウォーキングのご案内。

スポンサードリンク】
ウォーキングin日光★歩きませんか日光路トップ世界遺産の町日光市憾満のみち>並び地蔵
74並び地蔵 Link  
日光を歩く
 憾満のみち
・全工程0.7km
・歩行時間 30分   
・花暦 5 月 ヤマブキ 
70向川原町の地蔵菩薩
71ストーンパーク
72大正天皇御製歌碑
73慈雲寺
74並び地蔵
75憾満ガ淵
76霊庇閣
77弘法の投筆
78湯沢素光と上領玄碩墓碑
79山順地蔵
80輪王寺一山墓地


慈眼大師天海の門弟をはじめ、有縁の僧俗が「過去万霊・白己菩提」のために、親地蔵と石地蔵約百体を刻み「並び地蔵」とした。

列座の奥の親地蔵と他の地蔵のいくつかが、明治35年(1902)の大洪水で流失した。当初百体余りあった並び地蔵は、現在七十四体しか残っていない。別名「化け地蔵」と呼ばれる

「百体地蔵」ともいわれ、憾満ガ淵の慈雲寺から最奥まで続いている。奥の地蔵尊はきちんと並んでいるが、途中のものは他の石仏と混在している。

そのため地蔵だけ数えるのはむずかしい。


スポンサードリンク】
  歩きませんか日光〜TOP 
東町・観音寺コース |勝道のみち |行者道(滝尾古道)のみち| 弘法のみち |浄光寺へのみち |憾満のみち 
アカシアの咲くみち  |芭蕉のみち  │せせらぎのみち │寂光のみち │西町・慈眼堂の道 │外山のみち│霧降の道