ウォーキング 日光十王堂と水難供養塔

日光を歩く(東町・観音寺のみち) 

ウォーキングin日光◇歩きませんか日光路

「随想社発行・日光ボランティア編」の”もうひとつの日光を歩く”
にて紹介されている「・・みち」を歩いたレポートです。

歴史と世界遺産の街・日光の隠れた史跡を訪た。ウォーキングのご案内。

スポンサードリンク】
MAP&DBトップ>>日光>>東町・観音寺のみち>>9・十王堂と水難供養塔
9・十王堂と水難供養塔
もう一つの日光を歩く
東町・観音寺のみち
  ・全工程2,4Km
  ・歩行時間 1時間15分   
  ・花暦 4月 キブシ
8・松原町の石碑群
9・十王堂と水難供養塔
10・東町の愛宕山
11・中ソネの観音様
12・姫小松
13・日光郷土セエンター
14・日光市役所
15・鉢石山観音寺
16・佐久間甘海句碑
Link 



大きく枝を広げたサクラの古木下に十王堂がある。

閻魔大王が中央に座っている。その左右に書記官、冥界で亡者を裁く十王。そして地蔵菩薩、脱衣婆とも15体の石像が並ぶ。寛文二年(1662)の大洪水で亡くなった人たちである。供養塔は水害の翌年に建立された。
[市指定文化財]
この水害をまぬがれ、現在の稲荷町に移った人々の子孫により、今も法要がつづけられている。


スポンサードリンク】
ウォーキングin日光〜歩きませんか日光路〜TOP 
東町・観音寺コース |勝道のみち |行者道(滝尾古道)のみち| 弘法のみち |浄光寺へのみち |憾満のみち |アカシアの咲くみち  
芭蕉のみち  │せせらぎのみち │寂光のみち │西町・慈眼堂の道 │外山のみち│霧降の道